自毛植毛手術を受ける|薄毛を改善できる治療

男性

薄毛の根本治療

薄毛

根本的な薄毛治療の方法

薄毛で悩んでいる人の改善策としては、市販の育毛剤などを使う方法が一般的と言えますが、市販薬による治療では永続的に行う必要があるために、長期的に見ると費用が高くかかってしまいます。また、毛髪環境を現状で維持するには効果が得られることもありますが、薄毛の根本治療にはなりません。それらの対策法として専門のクリニックで受けることができる自毛植毛の手術の方法があり、直接的に毛髪を薄くなっている部分に移植することで、根本的な薄毛治療を実現することが可能となっています。植毛手術の種類としては日本では人工毛を使用する植毛をイメージする人が多くなりますが、AGA治療を積極的に行っているクリニックが多く存在しているアメリカでは、10万人以上の人が自毛植毛の手術を受けている実績があります。

髪の毛が長いほうが良い

自毛植毛の治療法を受けることは、手術を行うことになりますので、注意点を把握しておくことが大事になります。自毛植毛の手術は自分自身の残っている部分の毛髪を使用することになり、AGAの症状が現れている人であれば後頭部などの部分の髪の毛が残っていることが多くなるために、その部分の毛髪を採取して薄毛の場所に植え付けていきます。そのために、後頭部の髪の毛の長さを一定程度に残していくことが大切で、短髪だと採取した場所が目立ってしまう可能性がありますので、最低でも4cmほどの長さを保たせておく必要があります。一定の長さの髪の毛を残しておくと、手術を受けた後の傷跡を隠せる効果も期待できます。自毛植毛では後頭部以外の髪の毛を採取して、植毛することは少ない特徴があり、後頭部であればAGAの原因となる男性ホルモンの影響を受けにくいために、移植後も抜けにくい毛髪に育ちます。